コロナ禍で大ダメージを受けてい
る映画業界。そんな映画業界の
未来を担う作品の一つとして注目
を集めている『TENET』(2020年
9月18日公開)を観てきました。

近年、より映画の世界に没入しや
すい上映技術が開発され、新たな
映像体験を目指す作品が増えてい
ます。特にこの『TENET』は、
IMAXの巨大スクリーンで観る事
を前提に制作されたモノ。当然、
IMAXで観る予定でしたが、お気
に入りの映画館Midland Square
Cinema名古屋にはIMAXがあり
ません。泣く泣くDolby Cinema
で鑑賞。ところが、コレが大正解。
IMAX程の大きなスクリーンでは
ありませんが、その次ぐらいの大
きさ。映像のクリアーさと音の立
体感ではDolby Cinemaの方がス
ペックが上との事。
映画が始まりまず思いました。
「音、デカ!」

【内容】
米海軍特殊部隊出身の主人公が、
ある任務中に別の大きな任務に巻
き込まれる。それは、第三次世界
大戦を防ぐこと。敵は誰なのか?
TENETとは一体何なのか?
殆ど情報を得られない中、想像を
絶する世界が主人公を待ち受ける。

スパイ映画+逆行する時間
と言う最新物理学(SF)的な要素を
取り入れた問題作。

監督&脚本:Christopher Nolan
撮影監督:Hoyte Van Hoytema
音楽:Ludwig Goransson
出演:John David Washington,
Robert Pattinson,
Elizabeth Debicki,
Kenneth Branagh and more

映像 ★★★★★
脚本 ★★★★
音楽 ★★★★
満足 ★★★★★

【感想】
「The Dark Knight」「Incepti-
on」「Interstella」でお馴染み
Christopher Nolan監督最新作と
言う事で、待ちに待った作品。

正直、ヤバい映画を観てしまった!

スパイ映画ならではの、アクショ
ン・旅・謎解きの要素に加え、
時間を逆行する映像が交錯。
緊張と混乱で頭はフル回転に。
主演の“名も無き男”を演じるのは
、アメフトの元プロ選手で
Denzel Washingtonの息子
John David Washington。
謎の多い協力者“Neil”役には、
「Twillight」シリーズで大ブレイ
クし、バッドマン最新作「The B-
atman」の主演も決まっている
Robert Pattinson。
そして紅一点、知的で目を釘付け
にさせる魅力の“Kat”役
Elizabeth Debicki。
個性派俳優陣の迫真の演技に
感情移入せずにはいられません。

ストーリー自体は単純ですが、テン
ポ感を重視した編集で説明シーンを
かなり省略。加えて、現実ではあり
得ない“時間を逆行”する展開が物語
を複雑にしています。
「難解」と言う意見も多いので、
事前に情報を入れたくなるかも知
れません。
絶対、やめた方が良いです。
主人公の“名も無き男”
(観客自身が自分を投影する対象)
と同じ感覚で色々な事を発見して
いく楽しさを満喫する事をお勧め
します。劇中の印象的なセリフ
「Don’t try to understand it.
Feel it.(考えないで。感じて。)」
にもある様に、視覚的&聴覚的に
多くの刺激と情報を感じる喜びは
この作品の醍醐味なのです。
(このBlogでもその点は考慮してい
ますのでご安心を)
ビルを逆バンジーで登るシーンや、
CGではなく本物のジェット機
(ボーイング747)が突っ込むシーン
なんかは圧巻。実写にこだわる
Christopher Nolan作品の真骨頂
とも言えるでしょう。

又、監督自身も言っている作品の
最後のピースである音楽。
ビートの速いデジタルサウンド
+逆回転の効果音は、サブリミ
ナル効果抜群で、映画の世界へ
見事に没入させてくれます。

そして、何と言っても脚本。
ストーリーが進むにつれて、見事
なまでに伏線を回収。
メインストーリーは1回観れば誰
でも分かるでしょう。但し、伏線
の数がかなり多く複雑です。
この構成により、映画ファンなら
何度も観たくなる中毒性を生み出
しています。

こんな凄い映画を創れる人が、
世界にはいるんだ・・・


きっと、多くの人の記憶に残る
映画体験になると思います。
是非、映画館でご覧下さい。

『The Plan』by Travis Scott

今回は、映画の主題歌です。
歌うのはアメリカのラッパー
Travis Scott。注目すべき点は、
音楽監督 Ludwig Goranssonと
のコラボレーションです。Ludwig
は米ラッパーChildish Gambino
のプロデューサーとしてGrammy
を受賞。映画「Black Panther」
でアカデミーのオリジナルスコア
賞を受賞するブラックミュージッ
ク界のヒットメーカー。そんなコ
ンビが「TENET」の世界観を表現。
Christpher Nolan自身、
エンディングテーマ曲を起用する
のは初の試みなんです。
という事で、「The Plan」をフル
に使ったトレーラーを貼り付けて
おきます。