前々回に書いた “仏教” に纏わるお話
の続編。物理学の成果を知る現代の
欧米人が、仏教にハマる理由がわか
ると思います。

大乗仏教

【上座部 & 大衆部】
お釈迦様の死後、弟子たちはお互い
に論争しながら教団をつくっていき
ました。年長者は上座を占め(上座部
)、他の人々はその向かい前に座を構
え大衆部と呼ばれました。この上座
部と大衆部がお金を貰うべきかどう
かで分裂。上座部はお金を受け取る
ことに反対、堕落に通じると主張。
大衆部は、金銭を受け取り教団を大
きくしよう、そうしないとお釈迦様
の教えが広められないと主張。結局
、この時は上座部が勝利で終わる。

【大乗仏教の誕生】
その後、インドでヒンドゥー教が市
民権を得ていくと仏教の僧侶も危機
感を感じ、対抗策を考えます。それ
までの個人の悟りを目標にしていた
教えを、拡大解釈し迷える人々すべ
てを救う大きな乗り物を目指す大乗
仏教が誕生します。対して以前の仏
教は小乗仏教と揶揄される事もあっ
た様ですが、現在では上座部仏教と
呼ばれています。

上座部仏教では、トップはお釈迦様
ですが、大乗仏教では「如来(=仏)」
と言う神の概念を取り入れ数多くの
「如来」が登場します。現世御利益
をかなえてくれる薬師如来、宇宙を
神格化した大日如来、お釈迦様は
釈迦如来、死んだ人を西方の極楽浄
土に迎え入れてくれる阿弥陀如来
などなど。

【大乗仏教の理論】
紀元3世紀頃、ナーガールジュナが
あらわれ、大乗仏教の理論を確立。
お釈迦様の縁起の教え(すべての存
在は関係で成り立っている)を「空」
の概念で説明。

縁起とは、すべて存在するものは因
縁の離合集散によって生成と消滅を
繰り返しているから、世界は無常・
無我なのである。

これに対して「空」とは・・・
例えば、
〈渋谷区 → 東京都 → 日本 → 世界
→ 地球 → 太陽系 → 全宇宙 = 空>
の様に、一つの存在を見るだけで、
宇宙の全てが見えると言うこと。
物質的にある状態=「有」
物質的にない状態=「無」
有と無の両方を含む状態=「空」。

そう、 無常・無我=「空」 なのです。

【大乗仏教の4経典】
また大乗仏教には主に4つの経典に
別れています。因みに「釈迦はこう
語っていた」とたとえ話を交えて語
られたものを経と呼びます。般若経、
法華経、浄土三部経、華厳経です。

般若経・・・呪術的な内容が多い。
般若とは「真実を悟るための根本的
な知恵」の意。

法華経・・・「正しい教えである
白い蓮の花の経典」。仏陀は彼一代
で悟りを開いたのではなく、はるか
久しく遠い過去に、実は成仏してお
り、現世までも存在している=久遠
実成の存在と説く。久遠実成の仏陀
が、今も全ての人々を平等に救済し
ている。

浄土三部経・・・「無量寿経・観
無量寿経・阿弥陀経」。無量寿とは
阿弥陀の漢訳名。阿弥陀は西方にあ
る極楽浄土を支配する仏。現世で貧
しかったり、苦しみの多い人生をお
くっても誠実に生きて阿弥陀を信じ
て手を合わせて「南無阿弥陀仏」と
唱えれば、死後に極楽浄土で永遠の
生命を得られる。

華厳経・・・「時間も空間も超越
した絶対的な存在である仏の、華で
飾られたような荘厳な教え」宇宙を
支配する仏は毘盧遮那仏と呼ばれ、
毘盧遮那仏には数多くの菩薩が仕え
ています。仏の次の位の身分で、い
つかは仏になろうと修行しながら、
世を救う活動をしている。

【大乗仏教の真髄】
お釈迦様の悟りの空とは、「ない」
ことではなく、「ある」ことである、
という発見をしました。大乗仏教が
発見した釈迦の悟りの空とは、
「とてつもなくある」と いうこと、
「宇宙全部を満たすほどある」と
いうことだったのです。

そう考えますと、お釈迦様が超絶ヤ
バイのは、物理学の不確定性原理と
量子力学の考えや、1931年にクルト
・ゲーテルによって発表され、198
0年代に数学全般に証明された
「不完全性定理(=この世に完全性は
ない)」と同じ結論に数学や物理を使
わず瞑想だけで2500年前に辿り着い
ていた事です。

因みに、この「不完全性理論」によ
り、全知全能の神は存在しない事も
証明されています。

参考文献
・『哲学と宗教 全史』
・『もういちど読む 山川 倫理』
・『お釈迦さまの脳科学』

一期一曲

今回は、日本のサイケデリックロッ
クバンドFlower Travellin’ Bandの
『Satori Part2』をピックアップし
ます。
内田裕也さんもプロデューサーとし
て参加していたFTBは、1967年に結
成。1970年の大阪万博で知り合った
カナダのロックバンドの紹介でカナ
ダに渡り、カナダとアメリカでもレ
コードをリリース。この曲がシング
ルカットされ、高い評価を受けてい
ます。