新しい事を始める時は、ワクワクとドキドキの入り混じった
不思議な気持ちになります。
年を重ねるごとに新たな挑戦は減り、
そんな気持ちになったことがとても新鮮です。

七転び八起き

少し個人的な話。
40代と言えば仕事もプライベートも
バリバリの時期のはず・・・
が、僕はと言うと体調を崩し人生に大きくつまずいてしまいました。
上手くいかないもんだなぁ~、
と思いながら治療を受けるも全然治らない。
長引けば長引く程、焦りや不安は募り悲観的にもなりましたが、
このままじゃ人生ダメだ。

なので、悩むのを止めました。(笑)

そしたら、
『お前さんよぉ、いつまでも転んだままでいいのかい?』
もう一人の自分がそうささやくんです。
勿論、イイわけがナイ。
だったら、自分のやれる事を集中してやろう!
ついでに、時間はあるから、
やりたかった事もやってやろう!

そして、このブログが始まりました。

JUST DO IT!!

ここで質問です。
皆さんは、新しい事を始める時、入念に計画を立てますか?

僕は、入念に計画を立てたいタイプです。
この「計画を立てる」と言うのは聞こえがいいのですが、
実はちょっと曲者なんです。
ブログを作ろうと思ったのは、一ヶ月半前。
『半月で基本的な作り方をマスターして速攻はじめるぞぉ!』
心の中で叫んでいました。
しかし、一ヶ月半経ってもまだブログは立ち上がらない。
ブログ関連の本は二冊ほど読み、超初心者用にもう一冊買ってある。
これを読めばいつでもスタートできる。
そうだアレも書こう、この曲も紹介したい、
動画アップの勉強もしなければ、
『もう少し準備が整ったらはじめるぞぉ・・・』
心の叫びは次第に小さくなっていったのです。

そんな時、たまたま読んでいた一冊に、
「しっかり計画を立てたおかげで成功した」
などとよく言われるが、

パフォーマンスの最大の決め手となるのは
何をするかであり、何を計画するかではない。


そうだったのか!!

何かを始めようとしても重い腰があがらない、
なんて経験ありますよね。
はじめてみたら意外と簡単。
もっと早くやれば良かった。
今まで何度も味わってきたこの屈辱感。

たまたま読んでいた一冊は、
Scott Sonensheinさんの書いた
『STRETCH 少ないリソースで思わぬ成果を出す方法』

因みに、
『計画立案は行動の妨げになりやすい。
そこそこの計画で十分なのに、計画を完璧にしようとするからだ。』

との事。
JUST DO ITの精神が足りなかった様です。

一期一曲

『何か失った時は、次に新しく良い事がやってくるよ!』
と以前仕事仲間に言われた事を思い出しつつ、
お勧めしたいのがこの曲、タイトルもそのものずばり『New Beginning』!!
イギリスの現代音楽家でピアニストのLuke Faulknerのオリジナル曲。

暖かい日差しの中を歩いていて、
心が透きとおっていく様な体験のできる曲です。
一日一日を新しい気持ちで大切に過ごす!!
そんな思いを込めて皆さんにシェアします。
※本人の演奏が観られるのでPiano Solo verの画像を埋め込みましたが、
Piano Soloではないverの音源の方が個人的には好きです。

著者

管理人sattomo

コメントを残す